「手作り万葉集」:日々の言葉を詩的な短歌へ昇華させる新しいGPT

昨今SNS、特にX(旧Twitter)では、制限文字数内で的確に表現することが重要視されていると思います。私がこれまで古文などを学習してきた経験から、私たち日本人は、歴史的に行間を読ませるテクニックや要約の技術に長けていたと考えています。この背景には、短歌や俳句など、わずかな文字数で深い意味を表現する文学的ツールが根付いているからです。この伝統を現代のSNS文化に応用し、短歌形式のGPTを作成するアイデアが生まれました。


「手作り万葉集」の誕生


そこで、「手作り万葉集」と名付けられた新しいGPTが誕生しました。この技術は、任意のテキストを伝統的な5-7-5-7-7の音節構造を持つ短歌に創造的に変換します。私たちの日常言葉を美しい日本の伝統詩―短歌へと変えるのです。


文章の形式を超えた詩的変換


「手作り万葉集」は、文の形式に関わらず、ユーザーから提供されたテキストを短歌に変換します。オリジナルのメッセージや感情を保ちつつ、日本の伝統的な詩の美しさを現代に伝えます。


言葉の芸術性を高める


このGPTは単なる翻訳ツールではありません。それは日本的な言葉の芸術作品を創り出し、新たな視点を提供します。


使い方

「手作り万葉集」を使うには、まずは以下リンク先よりGPT Storeに行きます。



GPT Storeからアクセスできたら準備完了です。


使用例

ニュース記事を入力するとこんな感じです。意味は分からなくなるけど、雰囲気や要約のキーワードにはなんかいい感じ。
自分のXのポストを入力するとこんな感じです。このくらいならなんかすごい良さそう!

まとめ


「手作り万葉集」は、現代の言葉を古の詩に変え、私たちの日々のコミュニケーションに新たな豊かさをもたらすと考えています。伝統と現代技術の融合により、日本の伝統的な詩が新たな息吹を得ることでしょう。また、XなどのSNSでの活用が増えることで、日本とグローバルな文化が融合し、新たな文化が生まれる可能性があると思います。
また、日本の企業が自国の大規模言語モデルを構築していますが、自国でやるからには是非ともこういった日本的な言葉の生成ができるようになって欲しいものです。

0 件のコメント:

コメントを投稿

GoogleアシスタントをGeminiへアップデートしてみた

AndroidでアシスタントをGeminiアプリにアップデートできるらしいと聞いて、Playストアを見張ってましたが、一向にアップデートできませんでした。何でだろうと思って調べてみたらアップデート方法が出てきたので共有します。 GoogleアシスタントをGeminiアプリへアップ...